皆さんがよく使うクレジットカード

現代ではさまざまなクレジットカードが使われています。しかし、どれがオススメなのかはっきりわかりません。そこで今回はクレジットカードおすすめランキングで第1位になったことがある楽天カードについて少し紹介します。楽天カードは利用額にかかわらず基本的にポイント1%以上還元なので、ポイントが貯まりやすい点では利用しやすいと考えます。またエネオスでガソリンを入れて楽天のクレジットカードで支払うと2%ポイント還元します。そのポイントで楽天のオークションサイトで買い物をしたりできるので、うまく使いこなせばある意味生活が楽になる場合があります。ただクレジットカードなので使った分、後から支払い請求されますので、ポイント狙いでたくさん物を購入しない方が懸命でしょう。あくまで必要な分をクレジットカードで買い物して、知らぬ間に貯まったポイントを一気に使いきる方法が良いと思います。

この投稿は5月 4, 2016に公開されました。

クレジットカードの明細はオンラインからの確認が便利に

月にクレジットカードを幾ら利用したのか、その合計額や詳細を知る為に、1ヶ月も後に送られてくる利用明細やレシートのチェックを行うのは少々面倒臭いもの。出来るだけリアルタイムでの利用状況を確認したいのであれば、入会しているカードのオンライン明細システムを利用するのがベストでしょう。オンラインでクレジットカードの利用明細を確認出来るシステムは、既にクレジットカードに入会している人であれば誰でもログイン出来る様になっています。それには個人を証明する専用パスワードやIDを覚えておく必要がありますが、カード会社によっては適宜明細をプリントアウト出来る様になっていたり、そこから逆算した残りの利用可能額の確認が容易に出来たりと大変便利です。

この投稿は4月 21, 2016に公開されました。

集団でクレジットカードを使う時におすすめ

クレジットカードを個人的に使うだけではなく、家族全体や会社組織で使うような方法もあり、こうした集団で利用した時に有利なカードサービスもあります。

個人的に使う時には、家族カードのサービスを展開していればカードを共有する事が可能であり、旦那と配偶者が居て、旦那だけがクレジットカードを持っているとしても、配偶者である奥さんもカード使用したい場面もあるものです。

こういう場合に別のカード発券を行ってもらって、旦那が契約者である事に変わり無いですが、奥さんが別途発券のカード利用すれば旦那のカードにポイントが溜まって請求書も旦那の所に来ます。

例えるならば親機と子機の関係という感じであり、家族がそれぞれ新しくクレジットカードを作らなくても、親機を母体にしてカードを増やす事が出来るというものです。

集団で利用出来るので家計や経費の整理が簡単ですし、会社組織の場合は法人カードは経費管理に使いやすくて有利であり、有効活用すれば非常におすすめのサービスと言えるものです。

運送会社等を経営している業者では、社員にカードを持たせて請求は一カ所にという使い方をしている所も多く、集団でカードを使う事に利点がある場合はそうしたサービスに強い業者を選ぶ事が有効と言えます。

この投稿は4月 10, 2016に公開されました。

ネット通販の利用回数が増えたのでクレジットカードを作成する

買い物の方法が変化したことにより、クレジットカードで支払いを行う機会がかなり多くなっています。買い物の方法が変化した理由は、ネット通販が非常に便利だからです。ネット通販で取り扱っている物のジャンルは豊富なことに加え、わざわざ自分が買いに行かなくても待っていれば届くというのが気に入っています。ネット通販での買い物回数が増えていたある日、代引きで毎回現金を準備することが面倒に感じました。これを解消できたのはクレジットカードです。クレジットカードは、翌月以降に一括、または分割での支払いになるので、その時に現金を持っていなくても買い物は可能です。また、給料が振り込まれる口座からの引き落としに設定しているので、支払い代金を口座へ入金したり、振り替えたりなどが不要なので楽です。

この投稿は3月 29, 2016に公開されました。

リクルートカードを使っています

クレジットカードは数枚持っているのですが、最近ではリクルートカードを結構愛用しています。最初のころは基本年会費が無料の普通のものを使っていましたが、ポイント還元率はそれでも1.2%だったので結構お得になっていました。これだででも結構満足のいくものであり、貯まるポイントとしてはPontaポイントにもなりましす、nanacoチャージをしてもポイントが貯まるのでコンビニによく行く人にはおすすめだと思います。ですがこのリクルートカードにはさらに上のリクルートプラスというのがあって年会費が2160円かかりますが、その分ポイント還元率が2.0%まで上がるというサービスがあって、これに昨年加入しまして非常にポイント的にお得になったので良いサービスだなと思いました。

この投稿は3月 19, 2016に公開されました。

クレジットカードの発行スピードはそれぞれ異なる

申し込みからカードの発行までに要する時間は、クレジットカードによって異なります。申し込みの後に各社で発行の為の審査が行われるので、カードの種類によっては意外と時間がかかる場合もあります。迅速な対応がまだ不充分なクレジットカードの場合、申し込みから手元にカードが届くまでに1か月近くかかってしまうことも少なくありません。しかし最近のクレジットカードの中にはスピーディーなカード発行が可能になっている物もあるので、早くカードを手に入れたい方は発行速度が速いカードを選ぶと良いでしょう。近隣にクレジットカードのカウンターがあれば、審査さえクリアすれば当日中にカードの発行が受けられるカード会社もあります。カウンターが設置されているカードは限られていると言えますが、デパート内に発行が受けられるカウンターが備わっているタイプのクレジットカードなら、すぐにカードを使いたい方にはお勧めです。

この投稿は3月 15, 2016に公開されました。

海外旅行に嬉しいクレジットカード

クレジットカードの利点といえば、現金で支払をするのと違い、ポイントを還元させることが出来るので、非常にお得に支払いが行えることです。公共料金やインターネットのプロパイダ費用やスポーツジムの会費など、毎月発生する固定費は全てまとめてクレジットカードで支払いするようにし、ポイントを溜めることを意識してます。また、クレジットカードは海外旅行保険が無料で利用できるケースも非常に多いです。海外のホテルを予約したり、格安航空券を予約したりと、海外旅行のプラン作りにもクレジットカードは大活躍してくれますし、クレジットカードは海外において自分の信用性を証明してくれるためのツールにもなります。格式有るホテルやレストランでは現金支払いよりも、クレカでの支払いが歓迎されることもよくあります。また、クレジットカードがあれば多額のお金を持ち歩かず、安全に買い物を楽しめます。手持ちの現金や財布の中のお金の多さを気にせず大きな買い物も行うことが出来ますし、買い物の幅も広がります。

この投稿は3月 14, 2016に公開されました。

クレジットカードの作り方

ネットショッピングをしている最中、「クレジットカード払いなら楽なのに」と思ったことはありませんか。私はネットショッピングの際に、支払い方法が「クレジットカード払い」しか選べなかったことがあり、クレジットカードが欲しいと思うようになりました。しかし、残念ながら私は定職に就いていませんでした。クレジットカードを持っているのは、働いている社会人のみなのだと思っていました。それでも諦められずインターネットで調べてみると、「楽天」ならば無職でもクレジットカードが作れるというのです。

私も最初は半信半疑でしたが、どうやら楽天は他のクレジット会社よりも審査の基準が低いらしく、低所得者でも審査が通りやすいと評判でした。年会費は永年無料、買い物をするたびに楽天ポイントも貯まるというので、試しに申し込んでみることにしました。個人情報を入力する際、職業の欄には正直に「無職」と入力し、同じく所得もなしであると入力しました。私がクレジットカードをほしい理由は、ネットショッピングで使いたいというだけなので、キャッシングやリボ払いについては申し込みをしませんでした。本人確認は身分確認書類をコピーして輸送するか、スマートフォンのアプリを使って運転免許証等を撮影し送信するかでしたが、私は後者を選びました。後者には情報が漏えいするのではないか、という考えもありましたが、何より書類を会社に請求する手間が省けるというのが魅力に思えました。

カードが届くまでの間、本当に「無職」の私でも審査が通るのかと冷や冷やしていました。しかし、申し込んでから二週間が過ぎた頃、本当に私の手元に楽天のクレジットカードが届きました。「無職」という難関かと思えた壁をあっさり越え、クレジットカードを手に入れることができたのです。これは非常に衝撃的な出来事でした。クレジットカードの作り方について、あれこれ悩む前に楽天カードに申し込んでみるのも一つの方法なんですね。

この投稿は3月 12, 2016に公開されました。

支払いのほとんどをカード払いにするメリット

最近では現金支払いをする人が減り、買い物や公共料金の支払いもクレジットカードで支払う人が大半を占めています私もクレジットカード派ですが、メリットがたくさんあります。まずは現金を持ち歩く手間が省けます。銀行にわざわざ出向かわなくても買い物できますし、小銭も多く持っていると重たくて荷物になります。そしてなにより、ポイントが貯まってお買い物に使うことが出来たり、商品に交換できたりすることです。現金で支払いをしても何もポイントはつきませんが、カード払いにすることにより少しずつではありますが、カード会社のポイントが付きます。それを一年貯め続けると結構なものが購入出来たりすることがほとんどです。家電に交換したり、商品券に交換したりと、楽しみが増えて一石二鳥です。

この投稿は3月 11, 2016に公開されました。

銀行口座を作るときにクレジットカードを作りました

まだ学生の頃でしたが、実家から離れて暮らすことになりました。仕送りというものを頂きながら、生活をしてましたが、実際には遊んだりしてお金が足りなくなることが多々ありました。そんなことをしていたらいけないと思い、そこでバイトを始めましたが、お店側から指定の銀行口座を作って欲しいとお願いがありました。それで新しく口座を作ることになったんですが、その手続きのときにクレジットカードを同時に進められたんです。少し悩みましたが、ひとつくらい持ってても良いのかもしれないと考えて、そのときにクレジットカードをつくることにしたんです。ですが、実際にクレジットカードを使用することも無く、今も尚所有したままになっています。

この投稿は3月 10, 2016に公開されました。